気がついた時点で一回分飲んでください。 ただし、次に飲む時間が近い場合は、次に指示された時間から1回分飲んでください。決して2回分を一度に飲まないでください。