薬の種類によっては、効き目が悪くなったり、味が悪くなったりするような相性の悪い飲み物がありますので、基本的には、お薬はお水かぬるま湯で服用するようにしてください。