ジェネリック医薬品は、新薬(先発医薬品)と同じ有効成分を使っており、品質、効き目、安全性が同等なお薬です。厚生労働大臣の承認を受け、国の基準、法律に基づいて製造・販売しています。

さらに、製品によっては、服用しやすいように大きさや味・香りなどを改良したジェネリック医薬品もあります。新薬に比べ開発費が少ないために、新薬より低価格なお薬です。

※副作用は新薬、ジェネリック医薬品に関係なく起こる可能性があります。
※体調に異変を感じたり、不安があったりしたときは、医師、薬剤師にご相談ください。